脱毛のココだけの話

皆さんのなかで、脱毛症に悩まれている人はいますか。

脱毛症は、高齢者だけがなるとは限りません。

最近では、30代や20代などの若い方でも悩まれている人が増えています。

その原因とは、髪の毛に悪い生活習慣がもとで脱毛症を発症させていることが多いです。
ここでは、脱毛症に悩まないように、髪の毛に悪い生活習慣を紹介していきます。

ですから、今後の参考にしてください。

脱毛

まず帽子を常にかぶっている人は要注意です。

というのは日常的に帽子をかぶっていると、汗で頭皮が蒸れて、菌が繁殖しやすくなってしまうからです。
そして、炎症を起こしたり、汚れが毛穴に詰まったりして脱毛の原因となります。

寝癖を治すのが面倒くさかったり、オシャレとして帽子を活用する人は多くいらっしゃいます。

しかし、髪の毛のことを考えるとなるべくかぶらない方がいいです。



あるいは、できるだけ帽子をかぶる時間を短くし、洗髪により頭皮を清潔にするようにしましょう。
普段帽子をよくかぶる人は不潔にならないよう、そのあとのケアをしっかりしましょう。

特に梅雨から夏の間は、蒸れやすいので要注意です。
もう一つの脱毛になりやすい生活習慣は、パーマやブリーチをよくかけることです。
これは地肌への負担が高いので、髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。
どうしてもおしゃれでパーマをかけたいならば、頻繁に行うのではなく、適度な期間をあけた方がいいです。

おしゃれをしたい気持ちも分かりますが、髪の毛がなくなったら元も子もありません。

頻繁なイメチェンは慎みましょう。

それと、朝に洗髪することも脱毛の原因になります。
髪の毛というのは、夜中の3時から朝9時頃までは毛髪が伸びるので、いつもよりも毛穴が緩んでいます。

ですから、朝にシャンプーをすると、緩んだ毛穴にシャンプーが入りやすくなり、毛穴の皮脂が十分に落としきる事もできず抜け毛の原因になります。



薄毛に悩んでいる人は、上記の習慣を改めてください。